気になる脇汗対策ガイド

脇汗のシミで汗のタイプを診断する

ワキガなのかそうでないのかを判断するポイントの中に、脇汗で衣服の脇の部分が黄色いシミになるかどうかというものがあります。

 

これは、脇汗がどの汗腺から分泌されているかを判定するのに有効なポイントで、エクリン汗腺から分泌されたものか、アポクリン汗腺から分泌されたものかを判断することができます。

 

エクリン汗腺から分泌された汗だったとしたら臭いも気にすることはありません。

 

どうしてかと言うと、エクリン汗腺から出てきた脇汗の成分というのは、99%が水で、ほんの1%の中にミネラルや塩分・尿素・アンモニアなどが混じっているだけだからです。

 

臭いの原因となるアポクリン汗腺から出てきた汗の成分は、食生活と深く関係しており、たんぱく質や脂肪・鉄分・尿素・アンモニア・糖質・色素などが含まれているため、粘り気のある汗でほんの少し色も付いてしまうのです。

 

脇汗のシミでどちらの汗腺から出た汗かを診断するのはこういうわけで、いろいろな成分が含有されているアポクリン汗腺から分泌した汗が服に付くと、くっきりした黄色いシミが出来てしまうのです。

 

この、「くっきりとした境界線ができる」ことが大事な判断要素で、ぼんやりとしたシミはエクリン汗腺から出た汗だと見極めることができます。

 

脇汗対策アイテムの、デオドラント剤や制汗剤を使った場合でも衣服が黄色くシミになることがあります。

 

しかし、こういう場合でもアポクリン汗腺からの汗みたいにはっきりとしたシミにはなりません。

 

自分の脇汗がエクリン汗腺から出たものがほとんどだと判明すれば、対策は楽です。

 

ワキガではないのだから、一般的な脇汗対策をして、脇の下を清潔にしていれば、嫌な臭いは落ち着きます。

脇汗のシミで汗のタイプを診断する関連エントリー


気になる脇汗の対策法をご紹介します!

Copyright (C) 2010 気になる脇汗対策ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

脇汗のシミで汗のタイプを診断する