気になる脇汗対策ガイド

においが気にならない汗

汗の種類には、臭いがある汗とない汗があります。

 

本来、体内から出たばかりの汗は無臭であると言われていますが、成分にも違いがあり、そのことによって臭いを発するようになるようです。

 

中でも脇汗が心配になるのは、脇の下に大量にあるアポクリン腺という汗腺から発生する汗に含まれる成分と関連があります。

 

身体全体にあるエクリン腺という汗腺から出された汗の成分は、水分と塩分で構成されているので臭いを出すことはないのですが、アポクリン腺から出た汗の成分は違うのです。

 

アポクリン腺から出た汗には、脂分や糖、タンパク質などの体内の老廃物が混入しているので、細菌により分解されると不快な臭いを出すのです。

 

ですから、臭いの元になる汗をかかないように改善するためには、脂分をたくさん含む食品を極力食べないようにしたり、チーズなどの乳製品・肉等を少なくすることも効果があると言われています。

 

最初は、体内に溜まっている老廃物を排出してしまう対策からしてみましょう。

 

汗腺の働きをよくすることで弱酸性の良い汗をかくことができるように改善していくのです。

 

脇汗をかいても臭いを心配しなくてもいいように、汗腺を鍛えていきましょう。

 

それには、高い温度の足湯が効果的です。

 

43℃位のちょっと熱いぐらいのお湯を足が浸かるほどにためて、手と足を入れて5分程度温めた後、次にぬるいお湯で半身浴を10分程度すると理想の汗をかくことができるようになります。

 

汗腺が活性化されれば、脇汗の成分も改善され、気になる臭いが感じなくなるかもしれません。

においが気にならない汗関連エントリー


気になる脇汗の対策法をご紹介します!

Copyright (C) 2010 気になる脇汗対策ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

においが気にならない汗