気になる脇汗対策ガイド

脇汗の治療法について

脇汗の臭いや量のトラブルを解消する治療法は4つあります。

 

各クリニック別で聞き馴染みがない名前の治療法がいろいろありますが、どれもそのクリニックでつけた名前で、実際にはこの種類に分かることができます。

 

「剪除法・反転剪除法」「ローラー法・シェービング法」「超音波法」「ボトックス注射」の4つの種類の方法があって、症状の重さや、希望する結果ででも選択する施術法が異なってきます。

 

もっとも有効で、脇汗の悩みをたちまち解決してくれる施術は「剪除法・反転剪除法」です。

 

これは手術を行って、2p〜3p脇の下を切り開いて、汗を作り出す汗腺を切除して脇汗トラブルを解消してくれます。

 

汗からくる不快感は完璧になくすことができますが、回復するのに多少時間が要りますし、術後1週間くらいは脇を動かすことができませんので、手術した後数日間は安静にしておくために日程的な余裕が必要になります。

 

脇汗の症状がわりあい軽症の方が選択する方法は「ローラー法・シェービング法」で、特別な器具を患部に差し込んで皮膚をローラーで押さえ付けながら汗腺を除去する施術です。

 

これは、剪除法と比較すると傷跡が小さいので、脇を圧迫している間も3日くらいですので、回復まで早くすむ手術法です。

 

超音波のメスを用いた痛みを感じない治療法である「超音波法」は、患部の傷跡が治るのに時間が要らず、身体に加わるストレスは最も少なくてすみますが、本格的な手術と比較すると汗腺を残してしまう危険があるのがデメリットと言えます。

 

最後に一番簡単にできる脇汗治療法は「ボトックス注射」で、注射によってその薬剤の効果がある期間(半年から1年)だけ効き目が感じられるというものです。

 

手術に不安を持っている方が多く行っています。

脇汗の治療法について関連エントリー


気になる脇汗の対策法をご紹介します!

Copyright (C) 2010 気になる脇汗対策ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

脇汗の治療法について